ペガサス女の気まぐれ生活日誌!


by artist_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:momo's 珍旅行記( 10 )

韓国旅行 続き・・・

こんにちは

今日は 暑い~
そろそろ 洋服の入れ替えをしないと着るものがありません・・・・ベンジンを買ってきたので 1-2回しか着なかったコートの襟元と袖まわりをふいてしまおうと思うのですが 面倒だな~
でも、コートってしょっちゅうクリーニングに出すものじゃないんですって。
いいコートならなおさら 出してはいけないらしいです。
確かに、私のお気に入りだった 毛が少し長いコート 一回クリーニングに出したら直毛が癖毛になってしまい、お気に入りでなくなってしまったもの(--;)

さて、韓国旅行の写真がもう少しあるのでご紹介・・・
やっぱりデジカメ新しくしなきゃ!!
バッテリーはすぐなくなるし、手ブレがすごい
今時手ぶれするデジカメなんて、ありえない(。。)!

a0096857_13432491.jpg

ウォンです! 0が円より一つ多いんですよ つまり10000ウォンを1000円と言う感覚
10000円にあたるお札はなく、小切手みたいのものになるらしいです。使ったことはありません。
写真は50000円分ですが700,000ウォン(70枚)すごい厚み お金持ちになった気分!!

a0096857_1349475.jpg

チェジュ島は海鮮が豊富!
特にあわびと太刀魚が有名らしいです
このあわびのお刺身 こりこりしていて美味しかったのですが、たぶんこれの食べすぎが、momo母の疲れた胃には堪えたと思われます。 momo母 しばらくあわびは見たくないそうです(笑)

a0096857_13494024.jpg

ガイドブックで紹介されていた レストランというかお食事処・・・・朝ごはんをここで食べたのですが、有名なのはあわび粥↓
a0096857_13515742.jpg

正直、あまり私が好きな味ではなかったかも・・・・と言うわけで 私が食べたのは牛骨のスープ↓
a0096857_13524682.jpg

牛のアキレス腱(コラーゲン)がたくさん入っていたので、お肌のために夢中でたべたら ちょっとしつこかったかも・・・・基本的に味はついてませんので、自分で塩を入れて調節。あとは一つ頼むとサイドディッシュがこ~んなについてくるんです。 これだけでいいよって感じです↓
a0096857_13545613.jpg

ちなみに 牛骨スープはこの大鍋で煮込んでいるんです↓
a0096857_1356089.jpg


別の日に食べたあわび鍋 魚介がた~くさん入っていてスープが美味しかったな
あわびのほかに、ハマグリ、エビ、サザエ などなど 贅沢なお鍋でした
a0096857_13573695.jpg

それと 名産の太刀魚・・・・太刀魚はう~ん 骨が多いので あまり好きなタイプのお魚ではないかも(わがままなmomo )

a0096857_14315.jpg


お食事はこんな感じで 魚介中心でした!
すごい 食べたように思われるかもですが、ちなみに帰国後2kg痩せておりました(苦笑)

a0096857_145271.jpg

韓国ドラマのオールインを撮影した場所へ行ってきました。
バッテリーがなくなって 写真をあまり取れなかったのですが、とっても景色が良いところで チャペルがあります。 ちょっと 入口からあるいて撮影場所までいくのですが、風がつめたくつかれていたので 馬車に乗ってしまいました。かなり臭かったです(笑)

お買い物の時間があまりなかったので 自分へのお土産はパックと洋服(シャツ)2枚です
即決めでした!! 韓国らしい~momo好み 次回までに写真とっておきますね!!
そろそろ 着られるかな(~~)

☆ momo

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by artist_japan | 2009-04-22 14:13 | momo's 珍旅行記
みなさん ただいま~

と言っても 帰国して2週間以上たってますね・・・・ハハ・・・
いや~ 大変だったんです! 帰国してからもしばらく調子が悪くてブログをアップする気力もなく・・・
写真の加工って 結構面倒くさいですよね!!

と言い訳はさておき、無事弟達の結婚式が終りました。

momo母はじめての海外旅行でしたが、飛行機も無事にのれ、機内食も完食し、両手に荷物を抱えている私を置いて一人ですたすたと行っちゃうんですよ・・・・
それも 何も考えずに行っちゃうのでたちわる~ 
チェジュ島の空港(かなり狭いです)を降りると 弟達がビデオ撮影でお出迎え・・・・・・突然母号泣・・・韓国人もビックリ!です・・・本当に天真爛漫なmomo母です。

その日にsumomoちゃんの家族と顔合わせをして、親戚(20人以上居ました・・・・・)とお食事をしました。
そして、次の日に結婚式。結婚式の後、夜街にちょっと出かけて地下道でショッピング
最終日に観光・・・・と言うかなりのハードスケジュールでとうとう 最終日の午後 momo母ダウン・・・・
朝から食欲がないな~とは行っていたのですが、やはり疲れでかなり胃がやられてしまっていたらしく
途中ですべてもどしてしまい、ホテルに着いたのは夜の8時・・・・・かなり可愛そうなことをしてしまいました。
その夜も何度ももどしてしまい、とにかく寝かせました。 

とりあえず、私は母を寝かせて、お土産や荷物をパッキングして・・・・
ぜったい次の日に飛行機に乗れる状態じゃなかったんですが・・・・・・
翌朝、弟達はソウル経由で帰るので11時にホテルを去りました。
だめもとでホテルに3時まで居させてもらえないかとお願いしたところ、前日倒れるように戻ってきた母を見ていたようで、「大丈夫ですよ~」と気持ちよくOKしていただけました。
そのため、かなりホテルでゆっくり出来て、母もりんごとヨーグルトを食べるまで回復!! 
すばらしい~

その後、タクシーで空港に行きましたが、口は災いの元とはよくいったものですよ。
とっても暖かい日で、お年のいった運転手さんだったんです。
車にメーターもついてなく・・・・「メーターついてないから ぼられちゃうかも!でも ホテルで待ってたんだからそんな悪いことできないよね~」とmomo一言・・・
空港まで、40分くらいかかるんですが 縦にコックンコックンと揺れるんですよ 運転しながら!! それって居眠りですよね~ もう 心配で心配で 前の車との車間距離はないし、「ね~ この運転手さん寝てるよ、きゃ~危ないぶつかる」と二言・・・・・
何とか、無事に空港に着いたのはいいのですが、

着いたときに「30000ウォン」  momo「はい サンマンウォンね!!」 
へ? 日本語??
その後、追い討ちをかけるように 
「ありがと さよなら」と投げ捨てるように行って去っていきました・・・・・
(_ _ ;)
「お~ 日本語が出来たのか~」やばし・・・・・向こうはかなり日本語が出来る人が多いですので、気をつけるべし!! 

チェジュ島の空港は小さいです。
免税店も中に一つだけ。 期待はしないほうがいいでしょう。

空港に着くと momo母 じ~と ダンキンドーナツの前に立って、「サンドイッチが食べたいな~」と言うんです。
お金はすべてmomo管理ですので、momo「サンドイッチなんてまだダメ!! 消化が悪いんだから、マフィンとお紅茶にしましょうね」 しかし momo母「・・・・・・」 momo「マフィンじゃだめなの?サンドイッチがいいの?」 momo母「YES!!」

こっちは 飛行機のなかでもどされたら大変とゲー袋まで用意してきたのに なんじゃ~
と思いましたが、あまりにもかわいそうになったのと 時間がかなりあったので、2階の軽レストラン(チャイニーズとその喫茶店みたいなレストラン2つしか チェジュ島の空港にはありません・・・)につれていって どうしても食べたいというハムサンドをやめさせて ツナサンドとフルーツジュースをオーダーしてあげました(笑)

そして 時刻どおりに飛行機も飛んで、帰りはすごく早く2時間かからなかったかな あっという間でした。

と おおざっぱにはこんな感じです!! 疲れた意味がお分かりになりましたでしょうか・・・・

あっ 学習していった韓国語 使ったのは100回くらい 「カムサハムニダ」 ありがとうのみ!!
とにかくひたすらこれ ・・・・ありがとうって ほんとに便利な言葉ですよね(へへ)

長くなってしまったので 写真は次回に・・・と言うのも申し訳ないので何枚か

a0096857_2105640.jpg

ホテルからの眺め・・・・海側でとっても綺麗・・・3日間晴天でした
a0096857_212968.jpg

泊まったホテルと左側に結婚式をしたチャペル
a0096857_213222.jpg

4人で・・・・sumomoちゃん ほんとうに可愛かったな~ 髪型がまた変わっていていいんです
a0096857_213122.jpg

結婚式の後、写真撮影用に2人はチマチョゴリをきました・・・・弟はwhy pink?と言う感じでしたが、韓国人の人いわく とても似合っているそうです(笑)

それでは 本日はこの辺で・・・・・・

To be continued.........

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by artist_japan | 2009-04-20 21:05 | momo's 珍旅行記
******************************************************
マダムY&momoのweb shopに遊びに来てね↓
a0096857_22583997.gif


http://artist-japan-sashion.com/ ←開かない方はこちらからプリーズ

*******************************************************
こんにちは~ 今日は朝一で免許の書換えに行って来ました。
誕生日から1ヶ月すぎているのですが momoはゴールド免許ですからね(笑)←そりゃ~家から5km圏内しか走ってませんから・・・
警察で手続きをして 今日30分の講習受けてきました。

さて その講習でね シニアの自動車事故が増えてるということで、それは被害者としても加害者としても 判断力や瞬発力の低下 etc......
それを聞いて momo 急に昔の恐怖がよみがえり・・・・懐かしくなったので 投稿しちゃうことにします。

実は 今から7年前アメリカに1年語学留学に行っていたんです。
ホームステーで・・・・まず成田からサンフランシスコに飛んで そこから国内線(ちょーちいさな飛行機です)でサクラメントという町へ・・・・田舎です
まだ 英語がうまく話せなくてね~ 運悪くサンフランシスコからサクラメントへ行く飛行機が悪天候の為3時間くらい送れちゃって ホームステーの人が迎えに来てくれる予定だったんです。
もう あせっちゃって・・・・・・・飛行機会社の人でスペイン語を話せる人がいたんですよ たぶんメキシカン・・・・その人親切で ホームステーの人に遅れるからって電話を入れてくれたんです。(^^) そして何とか サクラメントに到着!

どんな人かはしらなかったんだけど、落ち着いて勉強できる家というリクエストは出していました。その結果 年配のご夫婦 犬一匹 猫3匹・・・広い庭にプール バスケットリング有り
プールバー有り などなど 聞こえはとってもよかったんだけど・・・・・・・

小さな飛行場ですよ・・・・お迎えの人もだんだん減っていって・・・・最後はmomo一人
(;。;) え~迎えがいない・・・・ほんとに どうしようって思いましたね
しょうがない 電話するしかない とこわごわ電話をかけてみたんです
そうしたら・・・・・・なななんと まだ家に居た(--;) 
どこにいるのって・・・・ 空港にきまってるだろ!!!!

そして それから4-50分だったでしょうか 恐怖の瞬間まで・・・・・・・5・4・3・2・1・
ひえ~

そこに来たのは なななんと とってもビッグでとってもお年のいかにもアメリカンという体格のご夫婦・・・ 有り得ない(--;)

まぁ~とりあえず 迎えが着たけど 誰が運転するの?????
えええええええええ このおじいちゃんが(0_0;)
車はどろだらけ、中はなぜか新聞が散らばり(;。;) 座りたくな~い

恐怖はそこからです・・・車に乗り込むのもやっと・・・・パンパンです。二人が前に座ると 前の景色がみえません・・・・
大丈夫なのかな~運転・・・・
高速に乗るんです、後ろを確認して・・・・・って 確認じゃないじゃない 完全後ろ向いちゃってるし(ミラーじゃ小さすぎてみえないんでしょう) また その後ろ向いてる時間の長いこと長いこと・・・・・・(汗。汗) もう 本当に怖くって怖くって・・・・だんだん暗くなってきて もっと怖くなって・・・ でも 着くものですね(笑) 無事到着 
さすが車社会 アメリカ・・・何歳だって 生きてる間は運転します(笑)

私の部屋は2回の屋根裏みたいなところ・・・・写真がないなぁ~ ううううう 汚い・・・・・・
階段がすごく細いんです だから おじいちゃん私の荷物上げるのに登れないのです・・・・
1年の留学です 荷物は半端なく重く・・・・・しょうがないので 階段の下で荷物を広げ 少しずつ二階へ運びました(;。;)
その日の晩御飯・・・・・さて問題です なんだったでしょう・・・・・

答えは・・・・・・ケンタッキーフライドチキン (爆笑) まぁ~疲れちゃったもんね でも
さすがアメリカだ~と思う瞬間でありました。
しかし のちのち・・・・毎日外ご飯の方がいいや~と思うことになるのであります・・・・・・・

とにかく汚かったです・・・・よく 我慢できたな~ 夜中の3時まで自分の部屋と自分の部屋についていた洗面所 掃除しました・・・・

ただ ホストファミリーのバーン(おじいちゃん)はmomoのことをとっても可愛がってくれて・・・
おばあちゃんが 影からすごい目でにらみつけていたことなんかもあり・・・・・・
だって おじいちゃんが momoのこと自分が若かったらタイプだ~なんていうんですもの
タイプって おばあちゃんと全然ちがうよ!!!!!(複雑)
毎日学校までお迎えに来てくれて←慣れると 車の方がよくなるものですが momoが後ろを確認する役でした・・・・・お買い物も一緒に行ったよね~

悲しいことに momoがいる間に 突然 亡くなってしまったんです・・・・・
これが バーンの写真です。
最後にピクニックへ 水仙畑に行った時の写真・・・・おばあちゃんいない間に momoに絵葉書を買ってくれて おばあちゃんには内緒だよって・・・・・ でも その後途中で やっぱりおばあちゃんにも買っておくわって戻りました(笑)
とっても 優しい おじいちゃんでした・・・・・ほんとのおじいちゃんが亡くなったようで とても悲しく それから1ヵ月後 他のホームステーに移りました。

元気な時のおじいちゃん・・・・・
a0096857_17393263.jpg

ここ 遠かったんですよ 車で2時間近くの場所 
この帰りに具合が悪くなって 家に着いたらもうおなかを壊して・・・・・それから 1ヶ月だったかな・・・・帰らぬ人となってしまいました。
おじいちゃんは 82歳 おばあちゃんは78歳ですよ~
あんまり そういうところには 学生送らないほうがいいと思うのですが・・・・・・

おまけ写真・・・・かわいい女の子が座っていたので パチリ・・・・お花の妖精みたい・・・
a0096857_17424956.jpg


今では 懐かしい思い出です(^^)

人気blogランキングへ 参加中です。 ←1日一回のクリックでmomoを応援してください!人気blogランキングをクリックしてもらうと 10点momo追加されます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←こちらもよろしければもう一回 クリっとお願いします(^^)

☆ momo
[PR]
by artist_japan | 2007-08-22 16:08 | momo's 珍旅行記
今日 海外から小包が届きました。
10数年まえ スペインに留学したとき一番最初にお友達になったイギリス人の彼女からでした。 毎年プレゼントとカードを送ってくれるんです。

彼女はイギリス人で英語の先生をしています。
日本の大阪で1年間先生をやっていたこともあるの・・・・とっても可愛くて、頭もよく、性格もよくて・・・・一つだけ彼女といて大変だったことといえば 彼女がベジタリアンだったと言うこと。
一緒に出かけてもサラダ サンドイッチ パスタくらいしか食べられるものがないのよね~

彼女はいろんなところで英語を教えてました。
フランス、チェコ、そしてスペイン・・・・
そこでスペイン人の彼と出会い2年前になるのか~ イギリスで結婚式を挙げました。
ずっと スペインのバルセロナに住んでいたのですが、彼の仕事があまり良くないということと、資格(先生の格が上がるらしい・・・)を取得する為に、ロンドンへ彼と一緒に戻ってきたんです。

ということで 今年のプレゼントはこれ↓

a0096857_0171526.jpg

形がかわいいよね~ 
なーんて書いてあるのかな?って思ったら 
BarCeloNa = バルセロナでした(笑) 
ロンドンから送られてきたのにね~
でも ちょっとしたお出かけに重宝しそうだわぁ~ ありがとね・・・・・

2年前の4月が彼女のウエディングでした。
宗教の関係でイギリスで式を挙げることになりました。
momoにも招待状が届いて・・・・初の海外ウエディング!! 
行って来ましたよ~

まず 日本って 結婚式でもブラックドレス多いよね??
でも 海外は黒じゃないほうがいいみたいで、皆派手目なんだということを聞いてmomoもピンクのワンピースを着ることにしました。 イギリスの4月・・・・・・スーパー寒かった
雪がちらほら降ってました・・・・・momoのワンピースはノースリーブだったんだけど、ピンクのカーディガンを持って行っていて 本当によかった・・・・
なんか寒そうでしょう? momoだけ・・・・↓

a0096857_0244518.jpg

ほーんとに 綺麗な花嫁さんでした・・・色が白~い!!

彼女と彼の兄弟達だけの集合写真
a0096857_059946.jpg


ライスシャワーじゃなかったな・・・・紙ふぶきだった・・・・・・すごい絵になるよね~やっぱり
a0096857_175063.jpg


食事会の場なんだけど、 スペイン人とイギリス人の違いにビックリしました・・・・
イギリスでの結婚式なんだけど 彼スペインチームは合計45人を引き連れてきたので
半分はスペイン人・・・明るいのなんのって・・・・それに圧倒されるイギリス人チーム・・・
面白かったです・・・・
キッス キッス キッスって始まって・・・・・彼らがキッス・・・・・その後、両親達にキッス キッス キッスって・・・・・スペイン人のご両親はキスしたんだけど、 彼女のお母さんが嫌がって結局ほっぺにチュって・・・・
(へへ) その後、妹夫婦に キッス キッス キッス・・・・・(スペイン語でbeso ベソっていうんだけど) の嵐でもう会場大盛り上がり・・・・momoはアジア人一人でした!

a0096857_15441.jpg

急にスペイン人達 踊りだしちゃうし・・・・momoも入れって言われたけど ちょっと(--;)

その後ダンスパーティー 二人踊る踊る・・・・生バンドがいたので のりのり
すごい踊りがうまいんだよね・・・・サルサ momoも踊ろうって言われたけど 
どうやって踊ればいいの? 絶対 踊り習おうと思った瞬間でした・・・・

と言うわけで 初のウエディング参加はとっても寒かったけど楽しかったな~
お食事も美味しくて、 食べ切れなかったわぁ~ でも皆結構食べるのね・・・
大食いのmomoでもデザートまで食べられなかったけど、皆ぺろりんちょだったようだね!
あ~ あの時はブログなんでこれぽっちも考えてなかったから 写真がないよ~残念(;。;)

それにしても 素敵なウェディングだったな~

人気blogランキングへ参加中←カチっとクリックお願いしま~す
(上のblog ranking へをクリックして頂けると10点追加されてmomoのランキングに反映されます) 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ←こちらもよろしければもう一回 クリっとお願いします(^^)

☆ momo

[PR]
by artist_japan | 2007-07-15 00:55 | momo's 珍旅行記
サラマンカに居る間 遠足に行ったり、旅行に行ったりしましたが、写真を見てると
いろいろなことを思い出し、 バカだよなぁ~と後悔 
若かったとかそういう問題じゃないよね・・・
今じゃ考えられない ← うそ・・・あまり成長していないようである。
それを代表する写真が残ってましたので公開!(後悔!!)

スペインでは2月各地方でカーニバルがあります・・・・かなり盛大なお祭りで メインのストリートは通行止めになり いろいろな出店もでるんです。
なぜか その出店に何が売られていたか全く覚えてないんですが・・・・
ケバブがあったようななかったような・・・・・・もううん十年前のことですので(笑)
*豚の丸焼きと思っていたのは私だけでしょうか? 

早速 私たち日本人もカーニバルの準備。
ということで momoは何に変身?


a0096857_11471769.jpg



お分かりでしょうか 正解はインディアン!!← 全く意味が分かりません。 なぜインディアンになる必要があったのか・・・・・ 顔に塗っているものはなんなんだ? だから今シミが出来ちゃってるのか~
(初めての登場がこんなんですいません!!)

コンサートがあったり、ダンスパーティーがあったり 夜中中遊び歩いて(この日はマリホセも何も言わず・・・・・・)帰ったのが明け方だったような・・・・・ 化粧落として寝たかどうかは全く覚えてません(笑)

夜中 一人で帰る途中← こんな顔じゃ一人でも心配ないですよね(T。T)
BUT ナンパされてしまいました それも神父様に(爆笑)


ヘイ! インディアンって

a0096857_1135236.jpg

そして一緒にパチリ・・・・バカはmomoだけではなかった・・・・
注) 彼らはまったくの他人です。 会ったこともありませんし 道で普通に会っても絶対に分からないでしょう・・・・この写真、いつまでアップしておくか分かりませんから見られた方はラッキー(苦笑)の訳ないよね~

でも 楽しかったなぁ~ すごく寒かったのはなぜか覚えてる momoのカーニバルでした。

人気blogランキングへ参加してます。 ←1クリック お願いしま~す  ☆ momo
[PR]
by artist_japan | 2007-04-12 11:52 | momo's 珍旅行記
今回 momo's 珍旅行記を始めてお読み頂く方は是非 
momo in サラマンカロングステーの巻きを始めにお読みくださいね!!

まず 一般の留学生クラスに入る前に夏休みのサマークラスに1ヶ月入りました。
そこでも 本当に色々な国から来ていて、 アメリカ、イギリス、オランダ、ドイツ、フランス、ノルウェー、スウェーデン etc .... でも ヨーロッパの人達は本当にうまくなるのが早くて ほんとに落ち込みましたね・・・・次のクラスがどこの部屋か宿題は何かを正確に聞き取るだけで必死!! 日本人はグラマー(文法)が得意だから上のクラスに入っちゃうんですよ。でも リスニング(聞く)やスピーキング(話す)が出来ないので なお苦労してしまうんです。

そんな中でイギリスから来ていたシェリー(本当にフランス人形のような子)とお友達になりました。 いつも一緒で・・・・ もう2年前になりますが 彼女がスペイン人の男性と結婚してイギリスで式をあげました。 私も招待され、ウェディングに出席してきました。(またこの様子は後日)
とにかく何人か仲の良いお友達が出来、何とかサマークラスを終えることができました。

そのこといつも学校の後に寄っておしゃべりをしていた場所 ↓plaza mayor( マヨール広場)
a0096857_2153242.jpg

a0096857_2155851.jpg

plaza mayorは町の中心にあり、皆がそこで待ち合わせたり、お茶を飲んだりします。
いろんな町に マヨール広場と呼ばれるところがありますが このサラマンカのマヨール広場が一番美しく親しみやすいと言われています。←(人にもよると思うんですが・・・)
夏になると外国人だらけ・・・良く言われていたのは短パンをはいていて地べたに座っているのは
アメリカ人だ!! ← 今は絶対日本人だ~ですよね(笑)
4方どこへでも抜けられるようになってます。

スペイン最古のサラマンカ大学
a0096857_21105792.jpg

a0096857_21272648.jpg
入口の壁に細かい彫刻が施されているんですが その細工の模様のひとつに骸骨に蛙がのっかってる模様があり それを見つけることが出来ると学業成就するとかなんとかで いつも大学の前には観光客が・・・・ momoは結局見つけられなかったんだと思います。学業で成就していないので(・。・;)

さて 学校の方は無事通常のクラスに入ることができたのですが ホームステーの方はどうだったのでしょう!!
momoのホストマザーマリホセはとても保守的で厳格な人でした。
家は完璧で料理も上手・・・潔癖のmomoにはよかったのですがでも始めのうちは息が詰まっちゃって・・・ しばらく一緒にいた大おばあちゃんは殆ど動かないし無口で
でも とても優しくてさりげない気遣いが嬉しかったりしました。 
え?気遣いって? パンやさんに行ったときにお菓子のパンをmomoに買ってきてくれたり(笑) そんなことでもうれしかったなぁ~・・・・

以前マリホセと住んでいた学生(私と同じ大学の人だったのですが)はすでに27歳でとても大人な方だったんです。 言葉も私より全然できたので マリホセはいつも事あるごとに 
M子は M子はと比較されてしまって・・・・とても辛かった・・・・
今でもスペインからmomoママへ送った絵葉書が残っていて とっても 汚い字で当時の辛い日々のことが書かれていました。 私はそれを読み返すたびに、あまりにも字が汚いので悲しくなります。(涙;)

でも 今思えばマリホセの態度に納得がいくんです。
あの時期はほんとに大変で毎日お兄さんの家と病院へのお見舞いで気持ちもピリピリしていたんでしょうね・・・・・それなのにmomoは言葉もあやふやで・・・・・

しかし そんな私たちが本当の親子のように変わった日があるんです。
嬉しい出来事ではないのですが お兄さんの奥さん(義理のお姉さん)が亡くなった日・・・・
鮮明に覚えてます。
朝7時(momoもマリホセもまだ寝ていました) 電話の音で起こされます・・・・
マリホセ 「 si si 」 暗い声・・・・・・

momoその様子で直ぐ事態を察し マリホセの元へ・・・・

「momo 私は今から行かないといけないから一人でお留守番していて頂戴」   震えるマリホセ・・・・・ 
マリホセは絶対に何があっても朝食を抜かない人、 momoは直ぐにコーヒーとトーストを用意してマリホセを呼ぶ・・・・・・喜ぶマリホセ・・・・・・

「momo 今日はお昼にたくさん親戚が来ると思うからお昼の用意をしなくちゃならないの ひき肉とフランスパンを2本買ってこられる?」
「出来るよ!!momo 料理得意だから momoがみんなのお昼用意しておくから・・・何を作ればいい?」
「ほんとに出来るの? ← 半信半疑 ミートボールにトマトソースとポテトのプレー(スープ)をお願いできる?」
「SI」 (了解!!)

というわけで そこからが大変 何が大変って 料理じゃない・・・ひき肉ってなんて言うんだ?(汗;)
とにかく無事買い物を終え 10人分のランチを用意して テーブルの準備をして待つmomo

「あら~ 良く出来たね ありがとう・・・・・ほんとに助かった」

それから2~3日は毎日大勢の人が昼も夜も momo がんばりました。
ほんとはお金を払ってホームステーしているのだから こんなことする必要はなかったのかもしれないけど これ以来私たちの関係は一変して本当の親子(おばあちゃんと孫か!)のようになることができました。
いつも買い物は一緒に行き、おばあちゃんキャリーをmomoがひき(ほんとはちょっと恥ずかしかった)・・・
一人で買い物に行くときもそれを引かすんですもの・・・・
誰が来ても必ずmomoを紹介してお茶の席に呼んでくれて・・・・

親戚が大勢夕食に来て、momoが部屋から出にくかったとき 呼ばれて出て行くとmomoの席に他の人が座っていて・・・・・そうしたら 台所からマリホセが戻ってきて
「そこは momo の席よ!! どきなさい!!!って」
うれしかったなぁ~

今考えるとほんとmomoって子供っぽいですね(笑)

では 本日も長いお付き合いありがとうございました。
次回は行事編です・・・・・・
おたのしみに 

人気blogランキングへ参加中 ← 1クリックお願いしま~す  ☆ momo
[PR]
by artist_japan | 2007-04-09 21:37 | momo's 珍旅行記
グラナダの短期間の研修から戻ったmomoはもうスペインの虜に・・・・
「来年絶対にまたスペインに行くぞー」と心に決めたmomoは1年後ロングステーの選抜試験←っていうとかっこいいけどそんなたいそうなものではないので(汗;)を受けてsalamanca(サラマンカ)と言う町に10ヶ月いくことになりました。 
girls 8名 boys 2名の10人の旅です。

サラマンカは学生の町と言われていて、スペイン最古の大学 サラマンカ大学がありまして、留学生コースもあるので いろんな国の人たちが集まります。
比較的安全・・・・でも 危ない地帯はあって 何が危ないかというと麻薬中毒患者がゴロゴロ。
通常 脅しといえば「撃つぞ」とか「殺すぞ」ですよね・・・ ここは違うんです
「注射器でさすぞ」 = エイズうつすぞ!! なんです。
その 危険地帯には注射器がゴロゴロしていて・・・・・ 今はどうなんでしょうね。
私達の時代は注射器をみたら 持ってるものを素直に全部渡せ!! でしたね

今でも忘れられないのが出発の日が夏休みの時期でエースを狙え!をずっと見ていたんですが、それが最終回だったんです。
なぜかエースを狙えは 何回も見ているのに 最終回だけ 見られないのです・・・(涙;)


こんな話はさておき、成田での盛大なお見送りを経てベルギーへフライト・・・・
そして ベルギーで1泊 ← これおかしいですよね やはり xx十年前だから乗り継ぎの便がなかったのか?
大変でしたよ。 皆大荷物で言葉は分からないし、お金(ベルギーフラン)は無いし・・・・
しかし ここも何とか乗り越え 翌日 マドリッドへ到着!!

そこからこれまた大変。 バス乗り場まで移動しなくてはなりません。 タクシーと交渉して3台だったかな? タクシーでマドリッドのバス乗り場へ(方面によって 行くバス乗り場が違うのでご注意を・・・) なんとか無事バス乗り場へ付いたのですが・・・
え~ すごい長い階段が・・・・・・・
みんな 40kg近くあるスーツケースを持ってきてます・・・・ girlsの力では・・・・
エスカレーターあったけど壊れてたのかなぁ~それともなかったのかな~←わすれました


しかし 私たちには強い味方が!!お二人のboys 本当にあの節はお世話になりました。 
ほんとboysがいて助かりました(笑)


くたくたになりながら 2時間半かけてサラマンカへ・・・・・・・・

はい もう皆様ご存知の通り、ここで 貰われる子牛になりますね (・。・)

一人ずつ、ホストファミリーとご対面・・・・abrozo (抱擁)&dos besos( 2回の頬へのキス) 
「urashima momo-ちゃん」「si] ←はい

「 セニョラ マリア ホセ 」 「Si」
おおおおおおおおお おばあちゃんだ・・・・・ 絶対に車なんて乗れるはずないよね・・・まただ
荷物もおばあちゃんには持てないよ・・・
momo は大きなスーツケースに大きなリュックをしょってるの~(涙;)
ほんとに もう疲れちゃってるの~(涙;)

「 タクシー!」 

良かった タクシーだ・・・・・(喜涙;;)

そして 狭い道をどんどん抜けて(サラマンカは端から端まで歩ける小さな町です)やっとお家に到着。 piso(マンション)にはエスカレーターが付いていたので(笑顔)無事到着

「 じゃ momo ...荷物を置いてリビングにきて・・・ お茶にしましょう」
「 はい!! えーっと お土産は これと これと・・・」
そして リビングへ行くと・・・・・

あれ・・・・・・もっと大おばあちゃんがいる~
(だんだん 不安になるmomo)

セニョラ マリ・ホセはその時74歳 大おばあちゃんはセニョラのお姉さんで82歳 (汗;)
マリ・ホセのお兄さんがサラマンカ(家は近い)にすんでいて その奥さんが癌で危ない状態だったので 大おばあちゃんもマドリッドから来ていました。 
基本的にラテン系は(スペイン人、イタリア人、メキシコ人 などなど)は家族のきずなが本当に強いです。

ということで momo・マリホセ・大おばあちゃんの3人の生活がスタートするのであります。
その生活というのは 始めの2~3ヶ月はとてもつらく 悲しい思いをした日々でした。
(でも 最後はハッピーになりますから 先に報告しておきます)

ここで ちょっとサラマンカのマリホセのリビングの写真とmomoの部屋を初ご披露・・・・
a0096857_118256.jpg

a0096857_1057934.jpg

家具がアンティークで素敵ですよね。
テーブルは丸いのです。上の写真→ 丸テーブルにロングクロスがかかっていて・・・・この丸テーブルは冬はこたつのようになるのです。 左側の金色の道具見えるかな? 昔はあれに石炭をいれて・・・
momoが行っていた時はどうだったかな? 電気だったよな~ でもほんとに日本のこたつですね。
下の写真→壁に掛かってる額は全部マリホセの作ったクロスステッチ(刺繍です)
テーブルのレースも全部自作。 
木のテーブルは 広がるので 大人数になると8人くらい座れるほど大きくなります。
スペインのマリホセの時代の女の人は完璧です。 料理、家事、子育て、洋裁、編み物、刺繍 そういう教育だったんですって。 なので 家はピカピカ、料理もとっても美味しかった。
momoはこの当時今より 10kg 太っちょさんの大momoでした 0・。・0
a0096857_1322036.jpg

a0096857_1055573.jpg

なーんて何にもない部屋なんでしょう(笑)
窓の横のいすにギターあるの分かります? そうです フラメンコギターのクラスにも参加
全く ひけるようになりませんでした。(苦笑)

momoの部屋から一軒のバルが見えました。そこはジプシー系の人たちが夜集まるバーで毎晩フラメンコギターの音と歌が聞こえるんです。
momoは夜になるとずーっとそのバルを眺め、今日は何人入ったかとか誰が入っていったとか観察していました(そんな時間あったら勉強しろ!!って感じ・・・)

momoのベットでmomo犬がいびきをかいて寝てます←これ本当
続きはまた明日!!

Buenas Noches !! (おやすみなさ~い)

人気blogランキングへ参加中!! ← 1クリック お願いしますね ☆ momo
[PR]
by artist_japan | 2007-04-08 00:07 | momo's 珍旅行記

momo in グラナダ 番外編

momoが唯一食べられなかったものがあります。
それは・・・・・
arroz con leche (アロス コン レチェ) → rice with milk つまり白いご飯を牛乳で煮てたっぷりお砂糖が入ったデザートです。 

a0096857_22337.jpg

これ きついです・・・ おはぎとかは食べられるのにね?? でも 本当に
うぇ~ってなっちゃうんです
momoは甘いものが好きと言ったもんだから 毎日これが出てきてしまって。
まだ、冷えていれば食べられなくもないんだけど、 作り立ての生暖かいアロス コン レチェは本当に かんべんしてぇ~って感じで 
あれ 好きな日本人ているのかな?
逆にスペイン人はあんこ余り好きじゃないと思います。
羊羹持って言ったら おぇ~って顔したの分かったもの 

その反対に大好きだったもの・・・・・
生ハムってイタリアが一番だと思うでしょう・・・・・でも 本当はスペインのサラマンカ地方で育ったイベリコ豚の生ハムが一番おいしいんです(と思う)
向こうでもすごーく高いし・・・ 
でも momoが今日紹介したいのは 多分みんなが知らないだろうなぁ~と思うソーセージ
chorizo(チョリッソ) 
いわゆるポークソーセージなんですが 日本でチョリッソと呼ばれているものは多分メキシカンタイプのチョリッソで それとは全く異なります。
これも やはり イベリコ豚のチョリッソが一番おいしいとされていて、スペインではもっとも一般的な食べ方としては サラミみたいにスライスしてそのまま食べたり、サンドイッチにしたりします。 赤いんです。 これは唐辛子ではなくて赤ピーマンを使って色をだしてるので 日本で売られている物のように ピリカラではなく サラミに近い味・・・・・ですね。
絶品です *見た目はよくないけど (・。・;
a0096857_2162492.jpg
a0096857_2164693.jpg

うーん 多分レストランとかで食べるものではないよな・・・・・ドライのものをカットしてひよこ豆とかと一緒に煮込みになったものはあるかも知れないけど・・・・
なので ぜひ どこのバルでも注文できるので bocadillo de chorizo (ボカディジョ デ チョリソ)を頼んでみてください。
bocadilloとはサンドイッチなんだけど 一般的なボカディジョはフランスパンを真ん中で割ってその間に具をちょーたくさん(嬉)はさんでくれます。 
a0096857_240342.jpg

スペインの普通のサンドイッチ(お弁当とかに持っていく)はまさにこの写真のようですが これは生ハムのbocadillo de jamon(ボカディジョ デ ハモン) で 皆が頼むのは
bocadillo de chorizo (ボカディジョ デ チョリソ) ですよ!!
もちろん ハムのサンドイッチ、スパニッシュオムレツのサンドイッチ、チーズのサンドイッチなどなどもおいしいんですが、手っ取り早くチョリッソにありつける一番良い方法のご紹介でした。
*ただし独特な味ですので momoは死ぬほど好きで momoママも気絶しちゃうほど好きですが、momo父は 「けったいな味だなぁ」と言っておりましたので あしからず・・・
ちなみに tortilla de patatas(ジャガイモのスパニッシュオムレツ)のボカディジョを頼むと パズルのようにオムレツを切って隙間なく埋めてくれますよ!! 焼きたてのオムレツにあたると ほんとにラッキー これもお薦め (bocadillo de tortilla ボカディジョ デ トルティジャ)
a0096857_251914.jpg


ほんとにスペインやイタリアで飲むコーヒーってなんておいしいんでしょう。
cafe con leche カフェ コン レチェ(カフェラテ)にスペイン人は糖尿病になるよ(汗;)って程
砂糖を入れて飲みます。
砂糖の袋が3袋-4袋(日本の細いスティッキではありません)付いてきます。
ちなみに momoのスペイン人の友達が日本に来たときは絶対にスティック4本は使います。
お店の人に持って変えるのか?って思われちゃうから恥ずかしいじゃない・・・・かなりの甘党です。 絶対 体に良くないと思うけどな~ 砂糖は体に良いと思っているようだ

最後にグラナダに限った事ではないのですが 気づいた事は スペイン人は耳毛をそるのも普通のようです。(幸い若いひとは出てないが・・・)
髭をそるように耳毛もそります・・・・日本人でも出てる人いるかもでも 出方が違うよね(寒)
つまり かなり毛深い← momoが言いたかったことはコレでした(笑)

以上momo in グラナダ 番外編でした。

次回は momo in サラマンカ ロングステーの巻きをお送りしますね。
momoが登場するかも・・・・・・・

では !Buenas Noches! おやすみなさい  

人気blogランキングへ参加してみました。 1クリック ご協力くださいね ☆ momo
[PR]
by artist_japan | 2007-04-05 03:09 | momo's 珍旅行記

momo in グラナダ part 2

さて 次の日から早速グラナダ大学の外国人クラスへ・・・・
クラス分けのテストが もちろん 分かるわけもなく、どれにしようかな状態・・・
しかし感の良いmomoちゃんは 結構上のクラスに入っちゃって 歴史なんか自慢じゃないけどまったく
理解不能。 
日本語で聞いたって苦手なのに なんでスペイン語で理解できるかっ!て逆切れ 

グラナダはイスラム教徒によるイベリア支配の拠点として 長く反映を誇った古都である 
by 地球の歩き方 

そのイスラム文化を代表とするものが イスラム王朝最後に建築した
アルハンブラ宮殿
とにかくお見事というしかない・・・・すばらしい宮殿です。
壁にはアラブの装飾が施され これどこかで見た模様? 工芸品でなかなか開かない箱ありましたよね・・・ 格子模様の・・・あんな感じ??? 
アルハンブラ宮殿1
アルハンブラ宮殿2

a0096857_0522059.jpg

a0096857_0525529.jpg


まぁ~ここに行くには長っが~い坂を登って、その後もスッゴ~く広いし、しゃれにならないくらい暑いので真夏に行くにはかなりつらいです・・・

グラナダはアンダルシア地方にあり 南ですので暑いですが、ただ 背後にシエラネバダ山脈が控えているので 比較的涼しいんだ と 説明されたような・・・・・いかんせんスペイン語だったもので(汗;)
でも 家から山を見ることができ トップにはうっすらと雪が残っているのが見えました。
お水はそこのお山から引いているので 水道水でok! とても冷たいんです!!

モロッコの映画 CASA BLANCA (カサブランカ) で同じみな白い家・・・・これもアラブの影響なのか 暑い地方共通のものなのか アンダルシア地方で見ることができる物のひとつで
とてもキュート 

a0096857_1101192.jpg
a0096857_110304.jpg


私の大好きだった場所 PLAZA( 広場) スペインは本当に公園がいたるところにあって、夕方涼しくなると 皆出てきて涼むのです。 大きな噴水があって 子供たちも遅くまでサッカーをしたり、老夫婦は手をつないで散歩したり。本当に居るだけで時間が立つのを忘れてしまいました。
公園を中心に細い通りが四方八方に走り、(迷います) お土産やげやさんがいっぱい
(そこで シリア人にしつこく毎日つきまとわれた覚えがあるなぁ~まけてもらえばよかったんだ)

a0096857_1181217.jpg
a0096857_1182931.jpg


そして 食べ物・・・本当に何を食べてもおいしかったけど セニョーラの作る食事は最高!!
朝は軽く カフェ コン レチェ という いわゆるカフェオレ(これがまたおいしい・・・)
とクッキーとか 小さなトーストくらいしか食べません。 アメリカのように エッグやベーコンなんてありえません。 そして 10時ごろに メリエンダ(おやつ)→カフェ コン レチェ にクッキーや甘いお菓子をちょっと食べて 通常2時がお昼になります。
そのときはパパも帰ってきてみんな一緒にお昼をとります。
だって、昼から夕方の5時か6時ごろまで 皆お店は閉まっちゃうのですから。 
スーパーだって あの当時は全部閉まっちゃうし 銀行だってしまっちゃうんですから のんきですよね。 その時間を シエスタ(お昼ね)の時間といいます。

momoは朝学校に行くので そんな軽い朝食で2時までお昼を待つなんて地獄です。
12時頃学校から帰ってきて 部屋で耳をすまして 「まだお昼のしたく始めないのかなぁ」といつも心配していたんですが、 なぜか2時には食事が出来てるんですよ・・・いつ作ってるんだろう???
a0096857_1331127.jpg

ちなみに お昼が一番豪華で日本でいう夕食ですね。
夜は9-10時頃に食べるので プレーンオムレツにチーズとデザートというような感じで軽めですが さすがに 10時はね~
始めは パンをどうしても食べることができなく
「momoちゃんはおかしな子だね~ パンを食べないんだよ」って言われていたんですが、
やっぱり パン用に食事が出来ているんですよね・・・スープとかも パンと食べると めちゃくちゃおいしい!!

フルーツは日本の倍くらいの大きさです・・・
好きなものを自分でとって 自分で剥いて食べます。
スイカやメロンはパパが切って取り分けてくれます。
a0096857_244054.jpg

左から後から来たアメリカ人ロバート・毛深いパパ・やさしいママ・眉毛残しました ペドロ


あっという間の一ヶ月でした
何を見ても目新しく、楽しく、何を食べてもおいしく 感動!!
なんていい国なんだろう・・・・・と
そして 2年後 1年のロングステーに向けてがんばろうと決意したmomo であった。

切れなくて長くなってしまった・・・・
まだまだ 珍旅行記はあるのですが 続けては飽きてしまうと思いますので時々アップしていきますね・・・・ 

では お付き合いありがとうございました!!

GOOD NIGHT !!


人気blogランキングへ参加してみました。 1クリックご協力おねがいします ☆momo
[PR]
by artist_japan | 2007-04-04 01:50 | momo's 珍旅行記
momoが初めて海外というものに興味を持ったのは 小学校の時に呼んだ槇村さとるさんの
「ニューヨークバード」とかいうダンスの漫画を読んでからだった。← (動機がかっこわるー)
かっこいいなー海外生活って・・・そして大学は外国語学部へ入学したんですが、なぜか “スペイン語”学科へ・・・・
今思うと英語の方が役に立ったよなーとは思うんですが、いろいろ面白い経験をしました。

入学して直ぐの夏休み 1ヶ月の研修で スペインのグラナダへもう XX年まえじゃぁ~ 恐ろしい・・・・momoはちっとも年を取っていない気がするんだけど、最近やはりホウレイ線がね ← (しつこいよね)

初めての海外かつスペイン・・・・・カルチャーショック?っていうのか 日本と全く違う景色にビックリ 直ぐに魅せられてしまいました。

あの当時はイベリア航空という飛行機があって・・・まだチケットも凄く高かった気がする。
モスクア経由でモスクアの空港は真っ暗だったなぁ~
トイレに行った友達が「トイレに便座ないよ」と言っていた
盗られてないのか盗られるからつけないのかはいまだに不明である。

そして夜遅くにマドリッドに到着・・・そのままバスでホテルへ
夜だったので何も見えなく次の日の朝起きて町にでてビックリ

うわぁ~ お~ 感嘆の声しか上がらなかった
まず第一に感じたことが 太陽が違う・・・・建物が素敵!! においが全然日本と違う・・・・
直ぐに魅せられてしまったmomo

観光もさておき 直ぐにグラナダへ(南のアンダル地方)

ついた日はフリー 各自自分のホストファミリーになるお家を見に行ったり、町を探索
momoは仲間と一緒にホストファミリーを訪れることに・・・・
まずは momoのpiso (マンション)へ
* スペインの町は殆どマンション形式で一軒屋は郊外や別荘じゃないと見かけません。

入口を入ると郵便デスクのようなものがあり、そこにmomoが日本から出発前に出したご挨拶の絵葉書が・・・・
サー(汗;) 嫌な感じ・・・・・
そうです 届いてなかったのです。
もちろん その住所を尋ねたら(ほんとに片言のスペイン語しかわかりません)
おばあさんが出てきて 知らない 何を言ってるの?って怒るし ← 怒ってるのではなく 話し方が早いので怒ってるように聞こえます
泣く泣く 次のアミーガ(女の子の友達)のお宅へ・・・・
そのお宅は存在しました(羨 momo)
とても 素敵で やさしそうな セニョーラ(お母さん)・・・・

「良く来たわね・・・・入って入って!! お茶飲んでいってねぇ~」

スペインに行く前の研修でスペインのお宅へお邪魔すると必ずお茶を飲んでいけと言われるが
それは日本のお愛想で言ってるのではないので 「頂きます」と言っていいんだって言われていたから 私たちは 
「Si Si 」(はい) と返事をしたら あわててお茶の用意を仕出して・・・・
momoが思うに・・・・やはりどこの国でも同じでお愛想なんじゃないかなぁと未だに思うんだけど・・・・やっぱり 一回は「No」と答えるべきではないのであろうか・・・・・

兎にも角にも楽しい時間をすごしてホテルへ・・・明るいね 何時?8時?

え~8時????
だって、まだ4時くらいの明るさじゃない・・・・・・ヨーロッパの夏は日が長い・・・9時位まで明るいから時間の感覚をなくしてしまいます)

そして8時からの夕食に遅れ 3人の夕食だけがテーブルに残され・・・・
しかし興奮冷めやらない3人娘たちの話題は尽きません。期待で胸がはちきれんばかり
翌日はとうとう各ホストファミリーへ別れて行きます。(期待と不安)

翌日 一人ずつホテルの部屋に電話が来ます。
なかなか 電話が掛かってきません・・・・(また不安が襲う)
同室のY子ちゃんに電話が

momo: 「とうとうだね・・・・がんばって 大丈夫だよ いい人だといいね・・・・etc」抱擁

そして行ってしまってmomo一人・・・・・
電話がこない・・・他に残ってる子は? 後数人 不安が波のように襲ってくる 
「だって momoのハガキが届いてなかったもんなぁ~来なかったらどうするんだろう。先生と一緒にホテル住まいかな」

そんな時電話が・・・・・
「momoちゃん お迎えが来ましたよ!!」 
どんな気持ちって・・・ まさに売られる子牛の気分ですよ・・・・

そして1階へ・・・・・ドキドキ ドキドキ(今書いていてもまたドキドキしちゃう)
毛深いpapa (パコ)と なんて眉毛の濃い 息子さん(ペドロ)が2人でお迎え
*息子さんは私と同じ年位だったかな・・・・でも ほんとに良くしてくれてありがとう!!!

momo: 先生行って参ります・・・・
先生  :momoちゃん 大丈夫だから ハガキの住所が違ってたんですって、隣のpisoだったんですって。

momo:あれー車はどこ?
パコ: 車はないよ グラナダは車なんていらないよ 小さいんだから・・・・・・
(実はパコ 車を持っていませんでした)

あーどうしよう・・・皆はボロくても ← (その当時スペインの車はほんとに汚かった・・・日本みたいに洗車してる車なんて見たことなかったな)みんな車でお迎え来ていたのに momoは歩きで どんな家なんだろう・・・・凄く汚かったらどうしよう・・・

家に到着!! 暑い とにかく暑い 近いって20分以上は歩いたよね・・・・・外は絶対30度なんか軽く越えてるよ! (真夏は40度以上になることもよくあるから)

そして家の中へ・・・・・・

ススス素敵☆☆☆ もちろんクーラーなんてものはどこの家にもないんだけど その代わりpisoがコンクリートで出来ているから 昼間は雨戸(ブラインドみたいなもの)を下ろしておけば結構涼しくすごせるんです。それに8階だから 風が気持ちいい・・・・・

家族は パパ(パコ) ママ(マリアイザベル)←ほんとに優しく心配症のママ お姉さん(マリアアンヘル)*みんな マリアって言うんだよね・・・・不思議
弟くん(ペドロ) の4人家族でとっても温かい家族でした。
パパは自分の小さなお店を持っていて 本当に家族らしい家族・・・・

momoちゃん ほんとによかったねぇ~

と 初の海外旅行はこんな感じでした・・・・
続きはまた直ぐup しますね。 画像もスキャン中・・・・デジカメなんてない時代ですから・・・・

momo かなり鮮明に当時を覚えてます・・・これって年のせい?(苦笑)

では Hasta Luego!(また 後でね)

momo
[PR]
by artist_japan | 2007-04-03 12:52 | momo's 珍旅行記